20160717 壮年部信心研修会

 三重県教会連合会壮年部(前田部長)は、7月17日、伊勢教会を会場として「壮年部信心研修会」を行い、44名が参加した。

 第1部として、伊勢教会・前教会長であられる高阪松太郎先生を講師に、「教典を基に教祖様のお伊勢参りの足跡を辿って」という講題に基づく講話を拝聴し質疑応答を行った。高阪先生は、教典・金光大神御覚書から抜粋したレジュメをもとに、「どうしてこういうことができたじゃろうかと思い、氏子が助かり、神が助かることになり、思うて神仏悲しゅうなりたの。」という安政2年の一文が金光教の原点であり、これが「氏子あっての神、神あっての氏子」へと発展した、とお話された。また、「天地金乃神様は日本の宗教史上またとない、人間を上から見て支配するのではなく、あいよかけよで共に立ち行こうとする神様である」と、このお道の大切なところをお話くださった。

 第2部では、宮川の渡し、御師の宿、下宮に隣接する「せんぐう館」を見学した。参加者は、教祖様がなさったお伊勢参りについて、実際にその場所を見学することでより深く理解ができた。現代的な景色を見ながらも教祖様の時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わい、教祖様の足跡を辿った探索を楽しんだ。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now