• konkomienet

20210605 心に刻む二つの言葉(連合会の日ブログ記事)

「心に刻む二つの言葉」

金光教関教会在籍教師 松澤和美


 一年半前から京都の叔母(義母の妹)が家族に加わった。その三か月前、叔母は大腸がんの腹腔鏡手術を受けた。手術は無事に成功し、術後の経過も良くもうすぐ退院という時に、病院から「危篤」の連絡が入った。突然右脳に梗塞が生じたのだ。教会長が駆け付けると、意識はあったものの目は斜め上を向いたままで、右手がわずかに動くだけだったそうだ。それから一か月半、自分の足で歩いて退院したのだから奇跡的な回復だ。皆で大みかげを喜んだ。

 久しぶりに叔母の家に行って気づいたのだが、叔母は手術前から軽い認知症だったようだ。メモ書きに埋もれつつ、書き留めたことが果たせていかない様子が窺えた。退院後、一人にしておけないからと、九十歳になる義母が京都の家に泊り込みで世話に当たった。三週間が過ぎ、弟に交代を頼んで一時帰宅した深夜、事故が起きた。叔母がお風呂で溺れ、救急搬送されたのだ。幸いこの時もまたおかげを受け、二十日ほどで無事退院できた。しかし、その一方で認知症は一気に進んだ。もう母一人に任せるわけにはいかないと、教会で預かることを教会長が提案、相談の上、とりあえず義母が元気なうちは一緒に暮らすことに決めた。それが一年半前のことである。


 さて、叔母を迎えるに当たり、私の心構えとして「機嫌ようさせてもらおう」と決めた。これは、二十数年前に、金光教の古い小冊子で出会った言葉である。金光様の奥様が子育てについてお話しされたものと記憶している。娘たちが妊娠した際、心に留めておいて欲しいと思い、伝えた言葉でもある。

 更にもう一つ、心に留めている言葉がある。それは、事の次第を伝えた時の姉の第一声、「ようようみてあげなさいよう」というものだ。私は、ためらいもなく放たれたその一言に驚いた。なぜなら、姉は過去に壮絶な介護経験を持つからである。

 姉は結婚してすぐ、夫と共に高齢の教会長夫婦のおられる教会の後継に入った。年子の子供たちが四、五歳になった頃、教会長先生が亡くなられた。奥様先生は認知症が進み、介護が必要になった。五十年近く前のことで、今日のような介護制度もなく、ヘルパーさんもいない、家での介護が当たり前の時代である。紙おむつもなく、洗濯も大変である。子育てと高齢者介護のダブルケアは、容易ではなかったろう。聞き知る限り、とてつもない苦労に思われた。その姉の言葉である。驚きと共に、心に深く刻まれた。

 これには後日談がある。一年が経過した頃、姉に、あの時どうしてそういう言葉が出たのか尋ねてみた。すると姉は言ったことを覚えていなかったのだ。「えーっ、二、三回繰り返し言われたのに」、またびっくりである。しばし沈黙があった。自らの過去を振り返っていたのだろう。そして、「頑張ってたら自分が助かっていくから」と、ポツリと答えてくれた。なるほど、重みがある。先の楽しみができた。


叔母は、毎日デイサービスに通っている。私のサポートできることは一部だけれども、この二つの言葉を忘れないようにしたい。

 叔母はこちらへ来てから、朝、夕、夜とお広前に参拝する。お結界に進み、掲げてある四代金光様のお歌を幾度となく唱え、「ありがとうございます」と丁寧にお礼をされる。


  世話になるすべてに礼をいう心 平和生みだす心といはん


この一年半の間に何千回と唱えたことだろう。その後ろ姿を見ながら、「叔母の一瞬、一瞬が不安なく、皆が機嫌よう過ごせますように」と願う日々である。




8回の閲覧0件のコメント
特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square