• konkomienet

20210522 第2回青年ミーティング2021

第2回青年ミーティング in 四日市オンライン

御教えワークショップwith肉体改造〜目指せ!理想のからだと理想の生活〜


 金光教三重県教会連合会青年部は、5月22日、オンラインにて第2回青年ミーティングを行いました。四日市教会、松阪教会、伊勢をオンラインでつなぎ、参加者4名、スタンプ作りのみの参加者1名、青年部員1名、顧問1名に、スポーツアドバイザー1名の3教会8名にて、ズーム(オンラインのミーティングツール)を使ってミーティングをさせて頂きました。


 今回も、第1回目と同じように、肉体改造のための筋力トレーニングや食生活についての個別面談、スライドでの食育指導、御教えプリントを見ながらラインスタンプの作成、参加者全員での全体会、会場教会長からのお話、というスケジュールで進めました。


 今回は、2名を除いた5名が2度目の参加だったので、前回のミーティングから今日までの筋トレの経過や、現在の悩みなどをスポーツアドバイザーに相談しました。最初は続いていた筋トレがなかなか続かなくなってしまったことについて、無理に続けるのではなく、隙間時間や毎日ではなくても週に数回続けること、一度行った筋トレは体が覚えていて、再開すればまた効果が出ることなどをアドバイスして頂きました。

 また、食事の質に気をつけることや、食事の際に温かい汁物やお茶を飲むこと、野菜や汁物から先に食べること、ご飯は冷やすことでデンプンの性質が変化するため、食物繊維のように吸収が遅い糖質になり太りにくくなることなどをアドバイスして頂きました。今回初めての参加者は、スライドの食育指導がとても勉強になったと感想を述べて下さいました。

 全体会では、自己紹介と今日学んだこと、それぞれが描いたラインスタンプの絵をシェアしました。「ラインスタンプを考えながら絵を描くことで、楽しく御教えに触れることができた」との感想がありました。

 そして、会場教会長のご命を受けた代理の坂先生が、「大宇宙に対して、からだは小宇宙である、と教えられています。私たちのからだは実に不思議な働きで、息をすることも、心臓を動かして全身に血液を送って酸素を巡らせることも、自分の力で、自分でコントロールしてできることではありません。私たちが命を授かり、毎日元気に生かされて生きていることほど、不思議なことはないのです。そうであるならば、この有難いからだを、もっと大切にしなければ申し訳がありません」と、からだを大切にすることについてお話されました。


 新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の中、オンラインで青年ミーティングを開催することができて有り難かったです。いつもズームのホストをしてくださり、私たちに筋トレと食育の指導をしてくださるスポーツアドバイザーの加藤さんに、この場を借りてお礼を申し上げます。


 次回は7月18日(日)に関教会またはオンラインで開催の予定です。皆さんのご参加をお待ちしています。






33回の閲覧0件のコメント
特集記事
最新記事