20180708 壮年部第1回オープン部会

 三重県教会連合会壮年部は、7月8日、伊勢教会にて第1回オープン部会を行い、9教会19名が参加した。これは「我が信心を語る」として、各壮年部員が与えられたテーマに沿って話をする稽古をし、どの教会の信奉者でも年齢制限無く参加できるという取り組み。

 第1回目の今回は、亀山教会在籍信徒の服部さんが「輝ける信心とは何か」というテーマで、また阿漕教会在籍信徒の小林さんが「生かすも殺すも心一つ」というテーマで話をした。服部さんは、自分の両親と義理の両親両方の介護や姉とのことなど、家族との日常生活において信心の稽古をされているお話をされた。小林さんは、先日亡くなられたお母様のことを中心に、父親の死と母親の死を経験されてどのように信心が深められたかをお話された。お話の後には、参加者が質問したり感想を述べたり自分の体験を話したりして、涙あり笑いありで大いに盛り上がった。

 次回は、第2回オープン部会として、8月19日の13時半より松阪新町教会で行われる。皆様ぜひご参加ください。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now