20150712 「運動」推進研修会

三重県教会連合会は、平成27年7月12日、松阪新町教会にて「『運動』推進研修会」を行い、各教会の幹部信徒を中心に14教会38名が参加した。「神様のおかげにめざめて」をテーマとして、阿漕教会の小林さん、名張教会の丸山さん、亀山教会の伊藤さんの信徒3名が各20分間の発表をし、「御用と祈りを通して得た私の信心の柱」「私が信心に導かれた3つの出会い」「大けがをしたのが自分で良かったと思えるまで」との各自の信心の歩みを話した。その後、教師2名が進行役となった全体懇談で内容を深め、久居教会長・北川先生より「信心とは、問題に出合った時、願い事が叶う事が目的ではなく、その事を通して生き方が変わる、物の考え方が変わることである。信心のある生き方は、心豊かになり幸せに生きる道である。皆さんには金光教の信者として教祖様の御教えの知識を持ってしっかりと信心をしてほしい。」と研鑽を促すメッセージが送られた。続いて連合会長の横山先生が発表者3名に鋭い質問をして「信心のバトル」を展開し、参加者全員が「自分の信心の課題は何か」を考えて紙に書く時間を取った。最後に参加者から「この研修を踏まえた今後の企画はあるのか」という質問が出て、課題を確認しながら終了した。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016-2020 KONKO MIE NET. All Rights Reserved. Proudly created with Wix.com

  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now