20160625 青年部 月例祭参拝・松阪新町教会

金光教三重県教会連合会青年部は、6月25日、松阪新町教会にて月例祭参拝と懇談会を行い、青年部員4名、役員教師2名が参加した。 これは、青年部の今年度の取り組みとして、部員の各在籍教会の月例祭へ参拝し「信心する目的は何ですか?」をテーマに教会の先生から講話をして頂いて、部員の信心を成長させようというもの。 第1回目は2月21日に松阪教会、第2回目は3月13日に一志教会、第3回目は5月22日に上野教会にて行われ、第4回目の今回は、松阪新町教会で行われた。 午前10時からの月例祭に参拝させて頂き、教会長の水野先生の教話を拝聴した後、用意して頂いた軽食を頂きながら、水野先生と一緒に懇談会を行った。参加者の青年部員から、父親である自分が教会に参拝して御用をすることが、妻や子どもに理解してもらっているのかどうか、収入が得られる訳ではない御用のことを家族は理解してくれているかどうか、という問題が出された。これに対して水野先生は、「『お父さんを教会に取られてしまった』とご家族が思われることがあるが、これは『なぜ信心をしているのか』と自分の信心が問われる機会である。家族に信心を理解してもらえるように自分はどうするのか、どう説明するのか、が問われるのである。」と答えられた。 部員それぞれが今抱えている問題を話し合った後、最後に水野先生が玉水教会の初代大先生が唱えられた「信心の4つの目的」を紹介して下さった。「一、常に心を清らかに持たしていただくために 一、角たつ心を丸くするために 一、災いを転じて仕合せにさしていただくために 一、自分の役割を明らかにして責任を果たさせていただくために」今回は、水野

20160619 育ち合い広場2016・第3回教会対抗ボウリング大会

金光教三重県教会連合会は、東近畿教区『青少年の集い』として、6月19日、津グランドボウルにて、「育ち合い広場2016・第3回教会対抗ボウリング大会」を開催し、9教会12チーム、総勢69名が参加した。優勝チームは「松阪A」(松阪教会)で、賞金2万円、トロフィーとメダルが贈られ、「若い力を集結して昨年の雪辱を果たすことができた」と選手全員がとても喜んでいた。準優勝は「AKG」(阿漕教会)で、賞金1万円とトロフィーが贈られた。 昨年・一昨年は最高齢選手に贈られた連合会長賞は、今年は参加者全員に可能性があるようにと、着ぐるみを着たスタッフにじゃんけんで負け続けた人に贈られ、小川さん(伊勢教会)が見事勝ち(負け)取った。また、昨年・一昨年に引き続き外国人選手の参加があった。3年連続参加のビクターさん、2年連続参加のアリースさん、初参加のクリスティンさんの3名のアフリカ系・アジア系アメリカ人選手には特別賞が贈られた。幼児と小学生にはお菓子、中高生にはクオカードの参加賞が、小学生から60代以上までの各年代でベストスコアを出した選手にはクオカードのハイゲーム賞が贈られた。 楽しく参加しやすい行事で各教会の活力を生み出そう、と企画された教会対抗ボウリング大会は、小さな子供からお年寄りまで、また外国人や未信奉者も参加するなど3年間で成果を見せた。しかし、昨今のボウリング離れからか全体の参加者は減少した。新しい人を誘ったり運営がしやすいこの行事の開催時期や企画のあり方をもっと検討して行事を育てていくのか、全く新しい行事を考えなくてはならないのか、ここからまた、どのように活力を生み出せるかが今後の課題

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

© 2016-2020 KONKO MIE NET. All Rights Reserved. Proudly created with Wix.com

  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now